パートよりも在宅ワークは負担が少ない

fuku0013

パートよりも在宅ワークの方が負担が少ない理由は、まず時間の拘束です。
例えば働く実質労働時間は同じ3時間であってもパートで外で働こうとすればまず外出するためにメイクをして
服を着替えて、そして職場までの通勤時間と少し早目に行って準備する時間など、これらを含めると
拘束時間は4時間〜5時間ぐらいかかってしまいます。

在宅ワークなら3時間分働こうと思ったら朝少し早目に起きて30分仕事をして、そして午前中に
掃除と洗濯が一息ついた時点で30分、昼から1時間働いて、後は寝る前に1時間と時間を分散出来ますし、
またその場で働けるので拘束時間は働いている実質労働時間の3時間だけです。

どちらが稼げるのかどうかは在宅ワークの仕事内容にもよりますがパートよりも稼ぐのはそれほど難しい事では
ありません。データ入力やライターの仕事でも慣れてきたら時間給で700円ぐらいにはなりますし、
もっと高時給で働ける在宅ワークの仕事もたくさんあります。

それに職場での人間関係で悩む事もありませんし、接客などで嫌な客にあたって理不尽なクレームで
怒られるなんて事もありません。心身ともに穏やかに在宅ワークは働く事が出来るでしょう。
もちろん納期はしっかり守る必要がありますし、雇用に対しても不安定な側面はありますが、

今は外で働くにしても雇用は不安定なのは同じですし、求人自体は多いので、雇用を切られてしまっても
またすぐに次の仕事を見つける事が出来るでしょう。

関連ページもチェック

    None Found

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る