ネット副業には危険がいっぱい!注意点と考え方

  • 2016-5-7
  • ネット副業には危険がいっぱい!注意点と考え方 はコメントを受け付けていません。

いつでもどこでも、パソコン一つで始められるのがネット副業の利点ですが、中には怪しげなサイトがあって、「簡単に○○万円!」といったうたい文句でだまし、お金や個人情報などを奪う悪質なサイトもあります。そういったものに騙されないように、ネット副業の注意点と考え方などを紹介したいと思います。

ネット副業の注意点

絶対にお金を払わない

FXなどで、初期投資が必要な副業があります。しかしそれ以外で「最初に○○円で教材を購入して下さい」などと書いているような所は、利用しない方がいいでしょう。お金だけでなく、個人情報を書くのも絶対にやめましょう。

「必ず儲かる」という言葉は信じない

甘い言葉で「必ずお金持ちになれる」「何もしないで月○百万の収入!」と書かれたサイトがあります。その優雅(そうな)生活についつい騙されてしまいそうになりますが、絶対という言葉は「絶対」信用しないで下さい。

事前に会社名やサービスを検索する

大手サイトなのか信用できる会社か怪しげな所じゃないのか、最初に検索をしてみて下さい。評判が悪かったり、あまりにも情報が少ない所はやめた方がいいでしょう。検索のトップに出たからといって、その会社が信用できるかはまた違いますので、自分の目で確認することを忘れないで下さい。

ネット副業での対策、考え方

フリーメールを利用する

GoogleやYahoo!などのフリーメールを利用して、個人のパソコンのメールアドレスや、携帯電話のメールを使わないようにしましょう。なにかトラブルが発生したらそのアドレスは捨てればいいので楽です。

番地やマンション名を登録しない

大体のネット副業はメールかチャットでのやりとりがほとんどだと思います。郵便を使わない仕事なら、登録の際のマンション名、部屋番号、番地などは書かないでおきましょう。小さな事ですが、これも個人情報を守るための自衛策になります。

登録会社は大手の所を利用する

テレビCMなど、広告が多く使われているような会社は契約者も多いので、危険は少ないでしょう。また何か困った事があったとき、すぐに電話やメールなどでを取れるような態勢を作っている会社ですと、安全に仕事が出来ますね。またプライバシーマーク(個人情報を守るための基準を満たした会社)を取得している会社ですとなお安心です。

ログイン、換金画面でSSLを使っている会社を利用する

Amazonや楽天などのショッピングサイトや、大手サービス会社はSSLサーバ証明書を使用しています。SSLとは、ネット上での通信を暗号化することで、カード番号など大切なデータが分からないようにする技術です。サイトのURLに「s」が付いていると(https://…)SSLサーバ証明書が使われているサイトです。

■まとめ
ネット副業についての注意点や対策をご紹介しましたが、いかがでしたか?
ネット副業は慣れたらとても楽しいです。でも、よく注意しないとそこら中に危険が潜んでいる、危ない場所でもあります。安易に情報を信用しないで、じっくりと確認してから始めましょう。

関連ページもチェック

    None Found

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る